薄利多売の行きつく先・・・

WS000077
ヤマダ電機、なぜ苦境に?上期連結初の赤字~計画狂う中国出店、ネット通販台頭で現場混乱

「ショールーミング」と呼ばれる新しい消費行動が顕著になったことがヤマダの業績を直撃した。消費者は品揃えが豊富な家電量販店の店頭に行き、商品を実際に触って確かめ、スマートフォーン(スマホ)を使って価格.comで同じ商品を安く販売している店を調べ、ネットで買う。若者を中心に広がっている購買のパターンだ。
 yahoo!JAPANニュースBUSINESSより

安さと豊富な品ぞろえで伸びてきた大型家電量販店。
対象顧客のニーズは安く買いたい!

資金力と効率化の手を休めれば
いや休めなくてもより
資金力がある敵
あるいはより効率的な経営をする敵が現れればひとたまりもない。

安さを求める客は少しでも安い店があればためらいなくそちらから買う。

安さを武器に町の電気屋さんを駆逐して大きくなったが
今度は駆逐される側に回った。

山田電気の社長がAmazonの安売りを咎める発言を聞いて
お前が言うかと思った町の電気屋さんや元、町の電気屋さんは多いはず。

町の電気やさんが駆逐された時。
商品の相談だけして安く買える大型量販店で買うので相談は多いが全く売れなかった。
あるいはヤマダ電気を始め大型量販店で買ったお客さんが修理や使い方だけ聞きに来て商売あがったりだった。

ヤマダ電気を始め大型量販店が駆逐されようとしている今。
安さを求める客は大型量販店で商品を見て、スマホで最安値を調べて購入する。
大型量販店はアマゾンのショールームとなろうとしている。

どちらにせよ
安さを武器にした戦略は長続きをしない。

安く売る以外に取れる戦術がないのであれば、そのジャンルで儲け続けることは不可能。
安さ以外に訴求点を見つけられる商売をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする