amazonでユーロ圏へ販売する問題点

amazonでユーロ圏へ販売する問題点
・VAT(消費税)の納税方法がありません。
・税金の高いヨーロッパ当局の判断次第では大変な追徴税が発生します。

お勧めのヨーロッパ向け販売方法
・日本法人を作り、独自ショップで販売しましょう。
・法人を作ればリスクは限定されます。

それでも独自ショップをやった方が良い訳
やることがたくさんあるので実行すれば真似されるリスクは少ない。
好きな商材が見つかってから実行しましょう

ショップを作ること自体はカンタンです。
おちゃのこネットへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする