儲けさせてくれるお客さんを探すために利益がたくさんとれる商品を売る

私のアマゾン輸出ビジネスの戦略をざっくり言うと

(何パターンかありますがそのうちのひとつ名付けて「お客様は神様です」戦略)

儲けさせてくれるお客さんを探すために利益がたくさんとれる商品を売る。

※例えば3千円の商品を150ドル以上で買ってくれる人を探します。

このお客さんを探すための無在庫販売です。

次に、たくさん儲かる商品は数売れないので

儲けさせてくれるお客さんが買う商品を儲けは気にせず売る。

こうして集めたリストに新商品の案内の郵便広告(新商品のニュースレター)を送って儲ける。

これをアマゾンを使わない普通の商売のやり方で考えると

儲けさせてくれるお客さんを探すために

儲けさせてくれるお客さんが買いそうな商品を儲けは気にせず売る。

こうして集めたリストに新商品の案内の郵便広告(新商品のニュースレター)を送って儲ける。

そのために広告費や時間を使います。

探すのに失敗すると日本直販のようにつぶれます。

amazon輸出は通常金と手間と経験と運が必要な儲かるネタ探しを

無在庫販売をすることにより

金の負担をなくし

出品の手間がほとんどないというシステムのおかげで

手間の負担をなくし

リコメンドシステムで

経験不足をカバーして

わずかな手間さえ惜しまなければ

運がなくても儲かるネタを見つけることができるのです。

本質はここです。

探すべきは儲けさせてくれる『人』

商品を探すわけではないのです。

この儲けの根っこを間違えると儲かりません。

天下を取っていたかに見えた日本直販でもつぶれるわけです。

私がヤフオクを勧めないのは

儲けさせてくれる『人』がいないからです。

ヤフオクで売って儲かる商品なら見つけられます。

でもリピーターになる人はまずいません。

選択基準は値段。

そんなわけで売れる商品をずーっと探し続ける必要がある。

一方儲けさせてくれる人を見つけられたら

あとは仲良くお付き合いすれば良いだけ

お金も手間もかかりません。

転売「お客様は神様です」戦略で大切なのは

儲けさせてくれる人を探すことです。

amazon輸出でも

バイマでも

独自サイトでも

中国仕入でも

韓国仕入でも

それは戦術、自分に合った方法を取り入れれば良いだけ

それより戦略

儲けさせてくれる人を探す

これを忘れると

大変なのに儲からない

儲かっていたのに尻すぼみになります

でもリピート戦略はめんどくさい
そんなあなたのために「amazon最高」戦略もあります。

これも後でアップします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 深堀 吾一 (ただかず) より:

    探すべきは、「人」なんですね。分かりました!

    「お客様は神様です」なるほど~。ここに長寿の秘訣ありですね、きっと。

    深い、・・・そして、深い。 。

    あーナルホド、この先実現すべきは、お客様との信頼関係を構築することと、商売人としていかに可愛がられ、必要とされるかが、我が身のセールスの未来を耕すことになると言うことをおしゃられているのでしょうか?!

     やり方については、右も左もわからない愚かな私ですが、心得ておくべき道を感じることができました。自分と、相手と、現実を繋げる、このビジネスの核心的な要素の一つに感じました。

    いいんですか?すごいです!

    あっ!!今日もほんとにありがとうございました!!おべんちゃらでもなんでもなく、ホントに***感謝***感激***です!!

    今日を振り返って、自分の一日にタイトルをつけるなら、「そこには、感動がある!!」でした。先生!ありがとうございます。ホントに勘が悪いし、覚えも悪いぼくですが、よろしくお願いします。いつか必ず、お役に立ちたいです。